捕獲には許可が必要となる|ねずみやイタチを撃退する

男の人と女の人

確実に駆除するため

一軒家

ねずみによる具体的な被害

ねずみが住宅内に住みつくと、そこでは様々な被害が発生することになります。まずは騒音被害ですが、ねずみは夜行性なので、深夜から明け方にかけて住宅内を駆け回ります。その騒音や、住宅内を荒らされているという不安感から、住人は熟睡することが困難になるのです。また、ねずみの体にはノミやダニなどが寄生していることが多いです。そのためねずみが住宅内をうろつくことで、それらはまき散らされます。すると住人も血を吸われ、痒みや痛みなどで苦しむことになります。さらにねずみは、柱や家具、家電製品のコードなどをかじります。壁に穴をあけたり、天井に尿によるシミをつけたりすることもあります。放置しておくことで、こういった被害はどんどんひどくなっていくので、ねずみ駆除は被害に気づき次第すぐにおこなう必要があります。

1匹も残さずに

ねずみ駆除は、個人でもおこなうことが可能ですが、駆除業者に依頼した方が、よりしっかりと被害を食い止めることができます。なぜなら駆除業者は、ねずみを1匹も残すことなく、完全に駆除することができるからです。ねずみは一度に5匹ほど子供を産む上、出産回数が多いので、オスとメスが1匹ずつでも残っていれば、その数は爆発的に増えていきます。そのため駆除業者は、ねずみのねぐらを突き止め、罠を使って親ねずみはもちろん子ねずみも、全て捕獲するのです。さらに、まだねずみが潜んでいる可能性を考慮して、殺鼠剤や忌避剤も設置します。これにより、残ったねずみは繁殖できないほど弱るか、もしくは住宅から逃げ出していくことになります。このように駆除業者は、徹底的なねずみ駆除をおこなっているのです。そのためねずみ被害に悩んでいる人ほど、駆除業者にねずみ駆除を任せています。